サバ缶は痩せるホルモンが入ってるから痩せる?嘘に騙されるな!


あなたは太りやすい人ですか?



面白いアンケート結果がありましたので、少しご紹介してみますね。ある調査機関が「あなたは太りやすいと思いますか?」というアンケートを行なったところ、なんと全体の約6割が「自分は太りやすいと体質だと思う」と回答しているという結果が出ました。半分以上が自分が太りやすいと感じているということなんですよね。



さらに面白いのが、太りやすいと感じ始めたと実感があるのが、30歳前後に集中していたことなんです。年齢と体質には大きな関係があると言えそうですよね。





人は歳を重ねると痩せにくくなるもの


『30歳前後で太りやすくなった感じる』ということですが、これは案外普通なことだったりします。私たちの体はあらゆる組織でつくられているわけですが、ダイエットにおいては筋肉が大きな役割を果たすんですね。



筋肉量が多い人ほど代謝がいい傾向にあって、こういう人は少しの運動でも痩せやすかったり、また、多少食べすぎてもあまり太らなかったりします。若い頃に食べても太らないのは筋肉量が適度な運動によって保たれ、基礎代謝が高いからなんですね〜。



年齢別の基礎代謝の平均をみると明らかです↓


年齢

男性の基礎代謝(kcal/日)

女性の基礎代謝(kcal/日)

9〜11歳

1290kcal

1180kcal

12〜14歳

1480kcal

1340kcal

15〜17歳

1610kcal

1300kcal

18〜29歳

1550kcal

1210kcal

30〜49歳

1500kcal

1170kcal

50〜69歳

1350kcal

1110kcal

70歳以上

1220kcal

1010kcal


歳を重ねると運動をする機会が減ってしまうため、筋肉量は減ってしまい、その結果、基礎代謝量も若い頃に比べて著しく低下してしまうのです。



表をみると確かに30歳前後を境に基礎代謝が低下しているのがよくわかりますよね。だから、歳を重ねると太りやすくなるというのはごく普通な話ではあるのです。だからといって見逃すことはできないですよね。殆どの人が太りたくない、と思っているはずですから。





EPAの摂取に今サバ缶が選ばれている


今人気のダイエットに「サバ缶ダイエット」があります。サバ缶ダイエットは年齢に関係なく、誰でもできるものですが、実は30代からのダイエットに効果的だってことを知らない人が多いんですよね。サバはEPAという痩せるホルモンを分泌させる青魚成分が多く含有されているので、ダイエットに効果的と言われています。では、どうして30代以降の方にサバ缶ダイエットがおすすめできるのか、ですね?



笑う白衣女性



人は「褐色脂肪細胞」と呼ばれる脂肪燃焼をサポートする細胞を持っているのですが、これが残念なことに年齢とともに減ってしまうと言われているのです。脂肪を燃焼させることがダイエットの最大の目的ですので、脂肪が燃焼できない体になるということは太りやすい体になることと直結します。



しかし!EPAを摂取することで「褐色脂肪細胞」が増えるという研究結果が、脂質栄養学会から先日発表され、サバ(缶)ダイエットの有効性がまた明らかにされたのです。





ダイエットのことを考えるならEPA配合サプリがおすすめ


青魚


EPAは特にサバの水煮に多く含まれるので、サバの水煮を使ったダイエットが人気になっていますが、爆発的に売れすぎてしまい、手に入りにくい状況が続きました。EPAは青魚に含まれる成分なので、イワシやサンマ、ブリなどからもEPAは摂取することができます。



ただ、魚を毎日食べるというのは正直かなり飽きてしまうもの。。私もサバ缶ダイエット経験者ですが、3日ぐらいでかなり飽きてしまい「これは続けるのが難しい」と感じたのです。しかも、サバの水煮は意外に脂質が多くて、思ったほどのダイエット効果には期待できないんです。



サバ缶ダイエットをした男性のリアルな体験談



そこで私が目を向けたのがEPA配合のサプリメントです。EPAサプリメントなら魚を食べる必要がないから、調理の手間も省けるし、何より1日たった数粒でいいからとにかく続けやすいんですよね。



価格的にもサバ缶をずっと続けるよりも圧倒的に安いので、私はサバ缶からEPAサプリメントに乗り換えました。おかげさまで、体重も順調に減ってきていますからね!



おすすめのEPAサプリメントの比較表はこちら






 
サバ缶ダイエット失敗 サバ缶は太りやすい EPA効果・摂取法 EPAの副作用 青魚嫌いに朗報